髪の変化は女性ホルモンの減少が原因

女性の髪の毛が年齢と共に変化する理由は、女性ホルモンの減少に影響を受けています。毛根がしっかり成長するためには女性ホルモンが必要ですが、更年期に差し掛かる頃から徐々にホルモンの分泌量が減り、それに伴い髪の毛も細くなったり柔らかくなったりといった変化が起こります。髪の毛の量が少なくなったように感じたとしても、実は薄毛や抜け毛が原因とは限らず、髪の毛のボリューム感が無くなったことで分け目が目立ちやすくなっているだけかも。そんな女性ホルモンの変化による髪の毛の変化に効果的なのが、三省製薬の開発したデルメッドヘアエッセンスです。

髪の毛の成長を促すBMPにアプローチする育毛成分

三省製薬は、髪の毛を成長させるBMPという成分に注目し、減少するBMPにアプローチする育毛成分としてCTPを開発しました。CTPは、毛球内にある毛母細胞の働きを促し、髪の毛が強くしっかり成長するのを促進する成分で、三省製薬が500種類もの成分の中から見つけ出した成分です。CTPは、発毛を促進する力を持つとして1995年に厚生労働省から認可を受けています。特に、大人の女性の髪の毛のボリュームダウン、地肌の露出などを改善し、抜け毛を予防する効果が認めれており、男性特有の抜け毛や薄毛などに注目が集まる中、女性の髪の毛の悩みに応えられる画期的な女性用育毛剤として商品化されたのです。

三省製薬独自の6つの成分で悩みを解決

デルメッドヘアエッセンスには、三省製薬が選びぬいた6つの有用成分を配合しています。メインとなるのは、育毛成分の主軸である独自開発のCTPと、育毛ケアをサポートするホップ抽出液の2つ。ホップ抽出液は、女性ホルモンのエストロゲンに似た作用があり、薄毛を予防し、髪の毛を健康に保つことが出来ます。その他には、髪の毛を保護するマテ茶エキス、育毛をサポートする大麦発行エキス、フケ防止のサリチル酸、炎症を鎮めるグリチルリチン酸ジカリウムを配合し、髪の毛と頭皮をしっかり守り育てる配合になっています。研究開発を続けて50年以上の製薬会社ならではのノウハウが詰まった逸品と言えるでしょう。

まとめ

三省製薬の開発したデルメッドヘアエッセンスは、製薬会社の発見した育毛成分とサポート成分が配合された女性のための育毛エッセンスです。髪の毛のボリューム感が気になり出した時が始め時、美しい女性の髪の毛を守ってくれる女性用育毛剤です。

公式サイトをチェック