女性であっても薄毛に悩む人が増えており、育毛剤が使われることがあります。女性の薄毛は深刻な悩みとなりがちですので、女性用育毛剤が開発されていますが、特に年齢に配慮して使用されるべきとされています。以降では、その理由と利用方針を見ていくことにします。

女性の薄毛の悩みは深刻なものとなりがち

女性の社会進出によって、ストレス環境におかれる機会も増えてきており、男性と同様に薄毛や抜け毛の症状に悩む方が増えてきています。個々人のライフスタイルの変化によって、深夜まで活動的な生活を送る方や、タバコ等の嗜好品により生活習慣が乱れていることも、薄毛の原因となっています。女性の抜け毛や薄毛は、美容上の大きな悩みであり、可能な限り改善したいと考えるのは誰もが同じことです。生活習慣の見直しと、ストレスをためない工夫をするとともに、女性用育毛剤を併用することで、薄毛の改善効果が期待できます。しかし、女性の場合は、年齢によって育毛剤を使わない方が良い場合や、使い方を工夫すべきケースがあります。男性向けの製品とは、事情が異なる理由と年代別に育毛剤とどのように向き合うべきか考えていきます。

女性用育毛剤の特性を理解することが重要

そもそも育毛剤に女性用と男性用の違いがあるのは、何故でしょうか。その点から掘り下げて考えてみましょう。男性向けの製品は、主に頭皮の血行を改善して、毛根へ栄養分が運ばれることを期待して、発毛を促すというのが基本のコンセプトです。年代毎に特に大きな違いがなく、使うことができるのが特長となっています。一方、女性向けの育毛剤は、女性の頭皮が男性よりも薄いこと配慮されています。男性向けのままでは、有効成分の配合量が女性にとっては適切ではないケースがあるからです。また女性特有の体の変化が、年代によってありますので、体調と育毛剤との密接な関係を無視することはできません。特に中年以降、女性ホルモンが減少することで、若い世代と同様のアプローチが推奨できなくなる点に注意が必要です。

女性用育毛剤の年齢による使い分けのススメ

10代の若い世代でも、不摂生や染色により髪の毛や頭皮がダメージを受けます。生活習慣の見直しと並行して使用する育毛剤には、血行促進や、ダメージケアタイプの製品が向いています。20代~30代では、生活習慣の乱れでダメージが蓄積しやすく、働き盛りがゆえにストレスをためる傾向があります。ホルモンバランスが崩れる原因とな、毛根のターンオーバーが乱れる原因となります。このケースでは、血行促進、ホルモンバランスを調整する製品を選ぶと良いでしょう。40代~50代は更年期や、老化の影響によって薄毛、白髪など髪へのダメージが大きくなります。男性ホルモンの影響を抑制する、製品に注目してみましょう。

まとめ

女性の場合は、年代によって選ぶべき育毛剤があることに触れました。特に男性とは体調面で違いがありますので、女性用育毛剤の中から適切な製品を選ぶことが重要です。また、女性ホルモンが減少する40代前後では、より慎重な製品選びが求められます。