友人が多く、付き合いの多い女性にとって、薄毛はつらいものがあります。できればウィッグなどを使わずに自然に髪の毛をもとに戻したいところ。そんな悩みを持つ女性に有効なのが女性用育毛剤ですが、その中から医薬部外品に絞って、解説してみましょう。

女性用育毛剤にはどんな種類がある。

育毛剤には、医薬品、医薬部外品、化粧品の3種類あり、この分類は男性用でも女性用でも変わりません。それぞれの特徴を見てみましょう。医薬品に分類される育毛剤は、厚生労働大臣がその効果を正式に認めたもので、効果や効能を全面的に表示することができるものです。育毛効果という点では強いものですが、その分副作用の恐れもあります。医薬部外品としての育毛剤は、やはり厚生労働省が認めた有効成分が使われていますが、効果・効能が穏やかなものです。最後に化粧品については、厚生労働大臣の認可が必要な育毛成分が使われていないもので、美容面を中心に美しく、健康的にすることを目的にしたものを指します。

医薬部外品としての女性用育毛剤に含まれている成分。

医薬部外品の女性用育毛剤は最も人気が高く、広く使用されていますが、その主な有効成分は何かというと、センブリエキスやグリチルリチン酸ジカリウムなどで、それぞれ育毛や抜け毛の予防に有効です。まず、センブリエキスのほうは、血流の改善や毛細血管の拡張に効果があり、頭皮への栄養供給を促進するとともに、毛乳頭細胞の働きを強め、健康的な髪の毛の生産を促します。グリチルリチン酸ジカリウムは、頭皮の雑菌の繁殖を抑えて、炎症やアレルギーを予防し、健康的な状態に導くので、髪の毛も生えやすくなるのです。そのほかにも商品によっていろいろな成分が含まれていますが、いずれもかなり効果を期待できます。

医薬部外品を使用するメリットについて。

医薬部外品の女性用育毛剤は、価格が安く、処方箋なしでドラッグストアなどで手軽に購入できるところが大きなメリットです。また、ドラッグストアで女性用育毛剤を買うのがためらわれる場合でも、通販で購入することができます。薄毛であることは誰にも知られたくないでしょうから、この方法を使えば秘密を知られる心配はありません。また、効き目が穏やかで副作用が少ないといところも医薬部外品のいいところで、健康的に若返ることも可能です。いくら育毛効果があるとはいっても、副作用を気にしてたのでは安心できないでしょうが、そんな不安を感じる必要がありません。

まとめ

何種類かある女性用育毛剤の中で、医薬部外品は副作用も少なく、安心して利用できる商品となっています。効果という点でもかなりあるし、メリットもいろいろあるので、ますます利用者が増えていくでしょう。購入方法も簡単ですから、一度使ってみてはいかがでしょうか。